「長期熟成 白干梅」販売中です

 

 

 




「病が去る 厄が去る 不運が去る」

去ると申をかけてそんなことを昔の人は言っていたそうです。


平安時代、天皇が当時流行った疫病を梅干しと福茶で治し、
自らの病も同じようにして治したといわれている梅干しこそ、
「申年」に採れた梅だったということから、
申年に採れた梅で作った梅干しは縁起物とされていたようです。

12年に一度しか採れない梅を使用し、長期熟成された「白干梅」は、
是非、お世話になった方や大切な方への贈り物としておつかいくださいませ。


喜多福 本店または銀座店浅草店にて販売中です。